FTAプランナー

<FTA人材教育セミナー>32名限定参加型・ビデオ配信型

RCEPで大きく変わるビジネス
メガFTAの活用でサプライチェーンに変革を!

来たる11月15日に署名される見込みのRCEP(東アジア地域包括的経済連携)は、日本にとって初めての中国、韓国とのFTAの締結である上に、ASEANやオーストラリア、ニュージーランドを巻き込んだメガFTAです。日本企業の多くが生産工場を抱える地域であり、消費地でもあるため、相互に大きな恩恵をもたらします。そのメリットをいち早く享受し、コロナによって疲弊した市場を取り戻すチャンスでもあります。
本セミナーでは、日英FTAや本年発効の注目FTAの解説も交えながら、RCEPについて今から準備すべきポイントを、FTAに造詣の深い麻野良二先生にご講演頂きます。
更に、コロナ禍がまだ止まない中での貿易業務の仕事の進め方にお悩みの企業様に、在宅で仕事が出来る貿易システムTOSSについて、株式会社バイナルの営業よりご説明いたします。
新たなFTAの協定の締結が続く中、弊社で行っております「FTAプランナー」講座とFTAについての学習方法をご紹介させていただきます。輸出業者様は勿論、サプライヤー様、輸入業者様も原産地規則の重要性を基礎から理解頂けます。
是非ご参加下さいますようお願いいたします。

セミナーの詳細及びお申込みはこちらから

FTAの活用は制度の理解と企業戦略で!

数年以内に、わが国貿易総額の80%以上がFTAでカバーされる見通しです。
関税という障壁を無くして世界の
国々とビジネスできる日が目前に迫っています。
国際ビジネスにおける必須アイテムFTAを使いこなすために
FTAプランナー
資格の取得を通じて、最短で効率的にFTA全面活用に向けて前進してください。

「善は急げ」は、貴社のFTA活用のためにある経営標語です。

さらに広がるFTAの世界!新たな商圏と活躍の舞台があります!

FTAプランナー資格の創設について

本格的に始まった自己証明制度は、各企業が手探りの中、制度運用が始まりました。
各地で開催されたセミナーは超満員で、混乱ぶりが象徴されています。近い将来、自己証明制度を利用した企業が、輸入国税関からの事後確認(検認)を受ける可能性を否定できないばかりか、その頻度がこれまでより格段に高まると予想されます。但し、過度な反応は、企業の活動を委縮させます。それを未然に防ぐ方法は、FTAに関する“知”の習得であると思います。
個々に行うコンサルティングは速攻性があるものの、継続的な企業活動に欠かせないのは人材育成です。
更に、今後も条約の改正や新しい条約締結に対応するには継続的な知識の習得や運用が企業に求められます
「FTAプランナー」資格を創設したことはFTAに関する専門人材の育成であり、企業のリーダーを育成することです。FTAプランナーに求められることは、単に貿易部門や物流部門に限らず、サプライチェーンの構築や調達方法を考える戦略部門や生産部門、経営部門とも横断的に渡り合える専門人材としての活躍です。また、本資格制度は、資格を付与して終わりではありません。
資格取得後も継続的な教育や情報を提供し、常に最新情報を取得して頂きながら、正しく運用する力を身につけ、更には受講者である方々がその実務上の情報をフィードバックして、“知を蓄積”し、受講者や専門家がその“知を共有”することを目標にしております。

株式会社トレード・ブリッヂ
ゲイル株式会社

代表取締役 國分由喜夫